まさかの天職がセクキャバだった私

天職がセクキャバ嬢の女は実在した

各地のパワースポット巡りが趣味前回でも少し書いたけど、あたしはスピリチュアルな世界に興味があります。
オーラも見えるんだけど、周りの友達からはネタ程度にしか扱われなくて悲しいけどね。
元々、スピリチュアルなことが好きで、美術系の専門学校に通っている頃から秘境巡りとかパワースポットに行くのが大好きだった。
セクキャバでバイトを始めたのも、国内だけではなく海外のパワースポットにも行きたかったから。

そんな時にある先生の御本に出合って、自分の天職がセクキャバだったんだっていう衝撃の事実を知ったの。
よく占い師とかって自分の未来は見えませんって言うけど、絶対嘘だと思うんだよね。
自分の未来が見えなければ、他人の未来なんて見える訳が無い。
あたしはオーラが見えると一番最初に気付いたのも自分のオーラだったし。
先生の御本を読むまでは、自分のオーラがラグジュアリーオレンジという名前だとは知らなかったけど、オーラの色自体ははっきり見えていた。
というよりも、ある日突然見えるようになった。
ラグジュアリーオレンジとは、人を惹き付けるとともに「人に求められる力」の現れで、女性としての魅力に富み、異性にとっては性的に高められるパワーを持っている力のこと。
あたしのオーラに触れた人間は、より人間としてのスキルが高まって、それぞれ固有のオーラが一時的に高まる。
ただし、魅力的である為、男性を堕落させてしまうリスクがある。

このことを知った時に、あたしは涙が出ました。
だって、その時の状況にぴったり合っていたから。
その頃はセクキャバではなくて、いちゃキャバで働いていたんだけど、大して美人でもない(巨乳だけど)新人のあたしが、何で美人で巨乳の女の子よりも人気があるんだろうって不思議でしょうがなかった。
それも新人だからだろうなんて思っていたら、お客さんからの人気もお給料も高くなり続けて怖くなったほど。
だから原因が分かると同時に、性的に男性を高めるパワーを持つあたしにはセクキャバで働くことがピッタリな女なのだなって深く感じたのを今でも覚えてる。

もっと効率的に稼ぐ為に見直したこと

自分自身を見つめ直す時間が大切それからはセクキャバのバイトもただの旅費稼ぎだけじゃなくて、仕事として向き合ってみようと思い始めたの。
その為に、今いる店で本当に良いのだろうか?と思って、もう一度フラットな視点から求人情報を確認してみました。
改めて見てみると、時給を高くしていたり、指名料を高額にしていたりと、色々なシステムを採用していることが分かったの。
もう仕事を探しているというよりも、お店目線で求人情報を見始めちゃったリして(笑)。
どのお店も高い時給や入店祝い金をこれ見よがしにアピールして、金払いの良い店に思われたくて仕方ないみたい。
あたしの場合は、時給が高くて指名バックやドリンクバックがオマケ程度のシステムのお店を集中的に探しました。
みんなも今のお店を辞める気が無くても、定期的に求人情報を見てみることで、自分自身を見つめなおすきっかけに出来ると思うから試した方が良いと思う。
みんなも働いていて、原因が分からないモヤモヤみたいなものを抱えていると思うけど、あたしはいちゃキャバの何にストレスを感じているんだろうってことがよく分かって、セクキャバに職替えをしたから。
今日はもう遅くなっちゃったから、次回はもうちょっと具体的にたくさん稼げる自分に合った求人情報の見つけ方についても書いてみようかなって思ってま~す♪