嘘の無い求人広告はあるか?

時給に関する情報は嘘

あたしなりに色々なお店のホームページを見て、様々なパターンの求人情報を見てきたけど、ホームページに載っている「時給」は嘘が多いと思う。
だから、ホームページに載っている時給と面接で提示される時給額が一緒だったらラッキーって思うくらいでちょうど良いと思う。
それは、あたしだってなるべく高いお給料の方が良いに決まっているけど、他のお店より高い時給をくれるお店にはやっぱり裏がある。
実際に経験したことは無いけど、よく聞く話では、実はお店から支払われる給料ではなくて、お客さんから直接もらえるチップ込みのお給料だったり、中には女の子を繋ぎ止めておく為に求人スタッフのポケットマネーからお給料を追加するなんてこともあるらしいよ。

そもそも、セクキャバのシステムはお店によっても違うし、時給額の高低によってお店の良さは判断し辛いもの。
例えば、あたしに合っているシステムは、時給が高くて、指名やドリンクバックでもらえるバック料金は少なめのお店になるけど、それはあたしの指名客が少ないからってこともあると思う。
反対に指名客の多い女の子にとっては、サービスだけじゃなく、女の子との会話も楽しみにしているお客さんも多いだろうから、指名やドリンクのバック条件が良い方が高収入になるケースもあるからね。

そう考えると、自分で少しでも多くの求人情報をチェックすることは無駄じゃないし、時給の数千円の違いや入店祝い金の金額の違いを気にしていても、自分が納得のいく職場に出合えるとは限らないと思う。
セクキャバのサービスは、だいたい分厚いカーテンとか衝立で仕切られた個室でお客さんと二人っきりにならないといけないし、その中で少しでもエッチなことをしようとしてくる客の相手をしなければならないから、結局はお金だけじゃなくて、お店のスタッフとの信頼関係も仕事を長続きさせる為には大事なことなんだよね。

入店祝い金は求人スタッフの悩みの種

誰だって働きだしてすぐにまとまったお金が欲しいから、入店祝い金のことは気にしているはず。
あたしの知り合いの中には、入店祝い金を出しているお店でしか働かないって子もいるくらい。
まぁ、そういう女の子はすぐに辞めて、また別のお店で入店祝い金をもらおうとするんだけどね。
それでも、この業界はお金のことになればギャアギャア騒ぎ出す女の子が多い事も事実。
だからこそ、お店側も求人広告に嘘でもいいから高額な条件を出さないと女の子に問い合わせてもらえないという負の連鎖に陥りがちだよね。
そうでもしないと、お店の看板になるような女の子が反応してくらないらしいから。
つまり、あたしたちが普段目にしている高待遇な求人情報は、あたしたちの為のものではなく、どこかの美人でエッチな看板娘の為にあると分かると皮肉なものだよね。

ポケットマネーで入店祝い金を捻出結果的に面接では看板娘には釣り合わないたくさんの女の子たちに対して、適当な理由を付けて求人情報とは違う待遇を説明しなきゃならない。
それでも働いてくれる女の子には入店祝い金を支払わなければいけないから、中にはポケットマネーから入店祝い金を払ってくれる求人スタッフさんも少なくない。
スタッフも毎月、入店させる女の子のノルマがあるからね。
そういう身銭を切って頑張っているスタッフさんはダークなオーラを纏っている事が多くて、そう長くは続かない。
気付けば、退店しているなんていうのもよくある話。

求人広告の内容よりも自分の姿勢が大事

こうやってお店の事情や求人広告の裏側が分かるのは、もちろん色んなお店で働いてきた経験があるからということもあるけど、あたしは人とはちょっと違ったお店探しをしてきたからだという自負がある。
以前も書いたけど、あたしはあるお店の求人スタッフに凄くよくしてもらった経験があるから、自分の希望だけではなくて、このお店はどういうお店だろうという事を考えながらお店探しをしてきたつもり。
その為には、いつも同じような待遇を提示しているお店で働いていても意味が無い。
あたしはお店を変える度に、今までのお店が書いていた求人広告とは違った特徴を持った求人情報を探すようにしたの。
お店探しにも想像力が大事そうすることで、お店の様子と何でこのような求人情報になったのかが、分かるようになってきた。
もちろん、あたしのケースはやり過ぎだと思うけど、みんなにも自分の希望だけじゃなくて、「こんな待遇を用意しているお店は、どんなお店なんだろう」ということを気に掛けてもらえると今まで以上にお店を見る目が養えると思うんだ。
そうすると、今までは何気なく見ていた求人情報も、自分にとってより役に立つ情報として見ることが出来ると思うから。
ただ、時給に関しては嘘が多いけどね(笑)。