求人広告で見るべきポイント

セクキャバに蔓延る高額な給料の嘘

セクキャバの給料にはチップ制度というセクキャバ業界ならではのシステムが関係していることは前回に話したけど、指名料も高収入を稼ぐための重要な要素の一つ。
最初は指名を取る為に頑張ろうって気にもなるのだけど、仕事を続けていくうちにサービス内容も女の子同士の人間関係も面倒になって、肉体的にも精神的にも疲れていってしまいます。

セクキャバ嬢に付きまとうプレッシャーあたしとしては、やっぱり原因は「お客さんが女の子に直接お金を払う」チップ制度にあると思う。
本当にお小遣い程度のチップなら女の子にとっても嬉しいものなんだけど、それが給料の大部分を占めることになったり、結局はもっとサービスしろよっていう客からの要求にしかならないのなら割に合わないよね。
最初の方は許容範囲内のおねだりでも、回数を重ねていけばいつかは許容できなくなるし、そうなったら客との関係も壊れちゃうからね。
そう考えると「チップ制度」は考え物だと思うなぁ。
もちろん満足のいく給料を稼ぐ為にはハードルが高くなるけど、チップに頼らない働き方を見つけることが健康的にお仕事を続けていくコツだと思う。

求人情報では何を見るべきか?

それじゃあ、お店を探す時には求人情報のどこを注目すべきかって話だけど、あたしの意見は電話番号しか必要無いと思ってるの。
あたしだって最初はお店に電話をするのに躊躇したし、実際に電話を掛けるまで何日も掛かることだってあったから不安になる気持ちは分かってるつもり。
けどね、結局はお店の実情は直接お店のスタッフに聞いてみないと分からないと思う。
気になることは電話で聞くのが一番だって、セクキャバは一流企業でもないし、丸の内とかでOLをやるのとは違うから。
スカウトとかもいるけど、彼らが「どのセクキャバが稼げるか?」とか「雰囲気の良いお店」とかを知ってる訳じゃないからね。
それにセクキャバ嬢の友達に聞いた所で、その子が働いているお店のことしか分からないから、自分に合ったお店かどうかは参考にならないよ。
それだったら、どうせ自分が働くんだから、自分が気になったお店に電話をするのがベストの方法だと思う。
ちょっと厳しいやり方だけど、「本当に稼げる金額」とか「どのくらい個室で客といちゃいちゃしなきゃならないか?」とかは、そのお店の求人スタッフに聞かないと分からないからね。
それに電話なら嘘は付けないから、電話でのやり取りでちょっとでも「怪しいな」って感じたら、そのお店はパスすればいいだけだし。
非通知で電話を掛ければ、こっちの情報を与えずに聞きたいことも聞けるしね。
所詮はお店の良い所は話を聞かなくても求人情報やお店のホームページに全部載っているんだから、本当に自分が知りたいことは直接確かめてみることが一番だと思うよ。

セクキャバ嬢だけが仕事じゃない

セクキャバっていうお仕事は、年齢が若い方が高収入を得るチャンスが多いことが確かだけど、あたしは何歳であってもセクキャバで働くことは出来ると思うの。
たとえ胸が垂れていたり、顔の容姿が悪かったとしてもね。
もちろん、20代前半の頃に比べれば、お給料も少し減るかもしれないけれど、他のバイトに比べれば絶対に高額であることには変わりが無いしね。
それに、何もセクキャバ嬢としてだけじゃなくて、お店のスタッフとして働くことだって出来るんだよ。
裏方として女の子を支えるのも立派なお仕事あたしの友達も体を悪くして脱ぐのは引退したけれど、働いていたお店の求人スタッフとしてセクキャバ嬢をバックアップする仕事をしているしね。
やっぱり求人スタッフも女性の方が安心されやすいし、何しろ元セクキャバ嬢だから何かと相談をされることも多いみたい。
お給料が減った分、お仕事へのやりがいは増えたっていうのが彼女の口癖。
これは強がりでもなく、彼女の本心なんだなってことは聞いていて分かる。
だから、あたしもいつかセクキャバ嬢を引退することになったら、今度はお店のスタッフとして働くつもりで今のお店にいるんだ。
今は、スタッフに対して「いつも頼ってばかりでごめんなさい」って気持ちばかりだけど、将来はあたしが頼られる存在になるつもり。
だからこそ、周りの女の子とはちょっと違った見方で自分のお仕事を見ているんだとも思う。
こんなことを書いているのも、将来の為の一環だしね。
あたしの経験も、少しは誰かの役に立つといいなぁって思いながら、今日もお客の上に跨っているのです(笑)。