セクキャバ嬢の心や体の悩み

セクキャバというお仕事

どんな仕事でも働く上での悩みはつきものだけど、セクキャバや風俗のような人の欲望を満たす仕事は肉体的な問題だけではなく、精神的な悩みを持ちやすいなんて言われています。
私自身も悩みはあるけれど、経験を積んで色々と分かることで気持ちの整理も上手に出来るようになったと思う。
例えば、セクキャバの仕事は時給が高いことが魅力の一つだけど、これには指名料が必須条件。
だけど、遊びに来るお客さんのほとんどは指名をすることは少ないもの。
どうやったら指名客を増やすことが出来るかと思って、お客さんに聞いたことがあるんだけど、「指名をしたら色んな女の子に会えないじゃん」だって。
接客中はあたしのおっぱいに夢中な癖に、交代の時間が近づくと、途端にそわそわして隣の女の子をちらちらと見だしたりするの。
目の前におっぱいがあるのに、もう次のおっぱいに目移りするお客さんばかりで、男ってそういう生き物なんだなってことが分かってくると、今まで悩んでいたことも馬鹿らしくなってきて解消されちゃうものなんだよね。

セクキャバ嬢の体の悩み

セクキャバならではの体の悩みそれでも消えない悩みは、体に関することの方が多いかな。
セクキャバと言えば、やっぱりおっぱい。
だからおっぱいに関する悩みは尽きません。
反対に、ほとんどのお店が下半身へのお触りはNGにしていると思うから、そっちの心配は無いかな。
万が一、下着の中に手を入れてきても、スタッフに声を掛ければお客さんは出禁になるか、やんわりと宥めてくれるから安心して仕事に集中できる。
お給料の為には指名客が大事だけど、フリーのお客さんは目の前のおっぱいで満足するから下着の中身にまでステップアップしようなんて根性は無いもの。
そう考えると、フリーのお客さんの方が体の負担は少なくて済むっていうメリットはあるかな。
この考えはお店の求人スタッフに「どこのお店に行っても通用するよ」って褒められたくらいだから、あたしが自信を持って言える数少ない一つかな。
友達にセクキャバでバイトしてるっていうと、「おっぱい痛くならないの?」とか「乳首取れそうにならない?」なんてよく聞かれるけど、痛みより痒いなって程度にしか感じないかな。

セクキャバ嬢の心の悩み

セクキャバならではの心の悩みそれじゃあ心の悩みは無いのか?ってことだけど、正直に言って、あたしは今とてもポジティブに働いているから精神的な悩みとか病んでるっていう感覚が分からない。
その点は、信頼出来るお店の求人スタッフとの関係性が大きいと思う。
それでも同僚の女の子の中には、この子病んでるなって感じる子もいることは確か。
何に悩んでいるかは分からないし、実際に聞いたこともあるけど、それでも何について悩んでいるのかは分からなかった。
つまり、病んでいること自分が好きなのか、病んでいることにして自分自身を誤魔化すことで精神を保とうとしているのかな、なんて思ったりもしたんだ。
そりゃあ、セクキャバ嬢っていっても自分が働いている環境が異常だってことくらいは理解しているからね。
だからこそ自分の気持ちを吐き出せる他人の存在が大きいと思うんだ。
なんか病んでるなって印象の女の子に共通していることは、いつも一人でいるってこと。
自分の世界に閉じこもっていると、些細な悩み事も、きっと世界の全てであるかのような大きな悩み事だと錯覚しやすいんだと思うな。

セクキャバ嬢のオーラの色

あたしはスピリチュアルに興味があって自分でも勉強してたりするんだけど、心を病んでいたり、ネガティブな思考を持っている女の子はすぐに分かるんだ。
そういう子は決まって紫色とか青い色とかの「寒い」オーラを感じるんだよね。
大体、お仕事中のセクキャバ嬢のオーラは消えていて、オーラが無いってことは無感情でいるってことなんだけど、そんな中にぽつぽつと寒色系のオーラが見えるからすぐに分かる。
もちろん、ネガティブなオーラの女の子を見つけたら仲の良い求人スタッフにも伝えるんだけど、信頼関係を築けている相手であっても、流石にオーラが見えるってことだけは受け入れてもらえない(笑)。
いつも苦笑いで受け止められているからね。

オーラを見て相手の心情を探る寒色系のオーラが見えるとすぐに分かるって言ったけど、近くにお客さんのオーラがあるから尚更分かりやすいのかもしれない。
セクキャバに来るお客さんのオーラって面白いんだよ。
入店した時は、みんな決まってやる気満々だから真っ赤なオーラなの。
それで女の子が跨ると、グルグルとオーラが渦巻きだすの。
あたしは渦巻のオーラを「混乱状態」と受け取っているんだけど、そんな時にはあたしに主導権があることを感じるの。
そこからエッチな気分に誘導してあげると、オーラが激しく回転して白色に染まってくるの。
ピンクのネオンのようなオーラで、風俗街でよく見る看板のような色なんだけど、そのオーラは「興奮状態」を表していると思う。
この色まで持っていけたら、お客さんが大満足している証拠。
あたしの場合は、色んな所を責めながらオーラの動きを見て判断してるんだ。
こうやって書いていると、なんだか自分も充分に病んでる女の子みたいに思われそうだから、今日ももう辞めておこうかな。
もっと聞いてみたいって要望があったら連絡ください!
要望があった場合は、もっと詳しく書いてみようかなって思いま~す。